トップページ >  口臭対策グッズをお試し! >  歯医者で歯磨き・歯石取り

歯医者での歯のクリーニングで口腔環境を快適に!

年齢とともにはキツくなるといわれますが、その理由になっているのが歯周病です。


しっかり丁寧に歯を磨いていても磨き残しというものはあり、歯周ポケットの歯垢(プラーク)となると普通の歯磨きでは取りきれないところがあるので、どうしても歯周病になってしまうんです。


30代以降は、口臭予防にはもちろん歯の本数を維持するためにもこの歯周病対策というのは徹底して行わないといけません。そのために欠かせないのが歯医者での歯のクリーニングです。


歯のクリーニングは「PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)」と呼ばれており、自宅での歯磨きケアだけでは除去できない歯の表面や歯と歯の間、溝に付着したプラークを除去するのがその目的になります。


私自身の話をすると3か月に1度、定期的に歯と歯茎の定期健診をしてもらっています。何をされているか詳しい施術方法や使用している器材の名前などはよくわからないのですが、


1、先端がかぎ爪になっている器具で虫歯や歯茎の腫れなどをチェック
2、同上の器具を使って歯周ポケットの深さをチェック
3、歯石除去用の専用器具(超音波?)を使って歯と歯茎の間の歯石を除去
4、機械を使ったブラッシングで歯の表面の着色を除去


といったことをしてもらっています。


やはり自宅での歯磨きと違って、歯と歯茎の境目の部分が凄くきれいになりますし、歯がつるつるになります。歯の表面の着色汚れもキレイに落としてもらえるので、歯も白くなり見た目にもきれいになっているのがわかります。


私の行っている歯科クリニックの場合、歯のクリーニング代は上下の歯をやって3,000円ぐらいです。上の歯と下の歯は別の日にやるので2回に分けて行っています。要するに1か月に2回通院する必要があるってことですね。


※金額や通院回数などは歯科クリニックや歯の状態によっても違ってくると思います。


歯周病はおじさんおばさんの口臭のキツい原因の一番の理由ですし、歯茎を弱らせて歯が抜けてしまう理由にもなるものですから、定期検査をして予防するモノだと思うのですが、歯周病の予防のために定期的に歯のクリーニングに来る人というのは本当に少ないみたいです。


美容室にいって髪を切るのと同じ感覚で、歯科クリニックへいくようにすれば口臭も防げますし、きれいな歯も維持できるのになーと思います。


お金がかかるのを気にする人もいると思いますが、将来の入歯や差し歯、歯槽膿漏の治療にかかるお金と比べると長い目でみて歯のクリーニングのほうが費用対効果が高いものだと思います。


口腔内を清潔と健康を保つためにも半年に一度ぐらいは歯医者さんで歯石を取ってもらうことぐらいはしたほうがいいと思いますがいかがでしょうか?