トップページ >  口臭対策グッズをお試し! >  口腔洗浄器 ドルツ

口腔洗浄器「ドルツ・ジェットウォッシャー」で口臭予防

口臭予防の口腔ケアに欠かせないと個人的に思っているのが口腔洗浄器。


ジェット水流で歯と歯の間の食べかすを除去したり、歯茎のマッサージができるので口腔内を清潔に保つことができますし、使った後は口の中がすっきりするので、かなり気持ちよく使えます。


色々なメーカーから口腔洗浄器が発売されていますが、値段と性能のバランスが一番取れているのが「ドルツ・ジェットウォッシャー」ではないかと思います。私も実際、ドルツを愛用しています。


主に歯を磨いた後にドルツを使っていますが、ドルツを使って思ったのは口の中に口臭を発生させやすいポイントがあるということ。私の場合はどうも上顎の左側奥にそれがあるらしく、ドルツのジェット水流を当てると、歯と歯の間のあの嫌なニオイが口の中に漂ってきます。


10秒ほどジェット水流を当てるとその嫌なニオイも洗い流せるわけですが、私の口の中の構造上(歯の形や歯並びなど)上顎の左側奥に食べかすが溜まりやすいのか、口臭の元になる口のなかのニオイ菌が繁殖しやすいのかな?と思います。


フロス(糸ようじ)との違いですが、フロスは歯と歯の間の食べかすのみを除去するものですが、ドルツなどの口腔洗浄器は食べかすと一緒に歯と歯の間のあの嫌なニオイも洗い流してくれる点に特徴があります。


「歯と歯の間のあの嫌なニオイを洗い流すことができる。」この1点だけでも口腔洗浄器を買う理由になると思います。私自身、それほど口臭はキツくないだろうと思ってましたが、ドルツを使って奥歯の間から嫌なニオイの水が流れてきたときは「こんなに臭かったのか!」と驚きましたから。


使った後は本当に口臭がなくなるので、口臭を防ぐためにできるかぎりのことをしたいという人は口腔洗浄器は絶対に買いです。


それから、歯茎が弱っている人がドルツを使うと、最初は血だらけになるそうです。使っていくうちに歯茎も強くなってピンク色になり引き締まってくるそうなので、歯茎のケアをしたい人にもいいものだと思います。


弱点としては、音がうるさいことでしょうか。朝早くや深夜に使うと家族に迷惑がかかるかもしれません。(広い家では関係ないかもしれませんが。)


それから商品の性質上、水が飛び散りやすいです。また、口外に水が漏れて服を濡らしてしまうこともあると思います。使い方のコツを掴めば洗面所を汚すことなく使えますが、扱い方に慣れない最初のうちはびしょびしょになると思います。


洗浄力については歯と歯の間の食べかすなどはきれいに落せますが、歯垢や歯石、着色汚れなど歯に付着したものについては落とせないと思います。なので、歯ブラシでブラッシングした後に仕上げとして使うようにするのがいいと思います。


「すぐに壊れる」という口コミもあるんですが、私のドルツは1年以上使っても壊れていないので、使う頻度や使い方(水の噴射の強さが調整できます。)が影響するかもしれません。故障リスクについては一応頭に入れておいたほうがいいと思います。


● 口臭予防
● 歯列矯正中で歯磨きを丁寧にする必要がある
● 歯茎の健康増進
● 口の中が粘ついており、すっきりさせたい


という人は口腔洗浄器「ドルツ・ジェットウォッシャー」は重宝するのではないかと思います。一歩先の口腔ケアをしたい方はぜひ使ってみてください。