トップページ >  口臭治療・口臭外来 >  口臭外来での口臭治療って?

口臭外来での口臭治療について~費用や期間など

他人を不快にさせるレベルの口臭が自分にあると分かればそれを改善していきたいと考えるのが普通です。しかし、口臭の原因を特定しないと口臭を改善することは難しくなります。


息が臭いという結果には複数の原因があることは当サイトでも再三お伝えしている通りです。


1、虫歯、歯周病、舌苔→歯科
2、副鼻腔炎、膿栓→耳鼻咽喉科
3、肝臓病→肝臓内科
4、糖尿病→糖尿病科
5、自臭症、ストレス、自律神経失調→精神科
6、アルコール、タバコ、食べ物→自己管理


というように原因が違えば治療のために通う診療科は違います。基本的に歯科に行けば大抵の場合そこで口臭の原因が見つかりますが、歯や歯茎に詳しくても口臭についての知見があるかどうか?というのはまた別問題です。


そこで利用したいのが口臭外来と呼ばれている診療科です。


口臭外来では口臭で悩んでいる方の口臭を専門的に治療していく診療科目になるので、さすがに口臭に対する知識や臨床経験が豊富で、口臭の原因を特定してくれるだけでなく、適切な治療法を提案してくれます。


口臭外来での診察の流れですが、


1、問診によって口臭についての悩みなどをヒアリング
2、虫歯、歯周病の有無、歯並びなどの口腔環境を確認
3、口臭測定器を用いたり、唾液や舌の検査など精密検査を実施
4、結果に応じて、歯科の治療範囲なら治療開始。範囲外は他院を紹介。


口臭の原因は9割が歯科の治療範囲内ということで基本的に口臭外来のお医者さんというのは歯科医です。そのため検査の結果、内科疾患や心因性の自臭症が疑われる場合など歯科の治療範囲外になると、別の専門的な医療機関を紹介されることもあります。


口臭外来で診てもらうメリットは客観的に口臭の有無や悪臭成分が数値としてあらわれることです。歯磨きしてもよくならない口臭であっても口臭を調べると原因がしっかりわかるのでこの点は大きなメリットだといえます。


さらに、数値やグラフをみながら治療するということで、口臭がどんどん緩和・軽減されている効果が一目瞭然にわかるという点も魅力だと思います。客観的に自分の口臭を把握するだけでも気持ちの面ではだいぶ安定するので軽度の心因性の口臭であればこれで治すこともあります。


弱点としては、口臭外来や口臭を専門に扱う治療というのはまだ始まったばかりということもあり、都市部の病院にいくつかあるぐらいで全国的に普及しているものではないということです。


また、口臭測定や各種精密検査が保険適用外というのも気になるところです。


検査の結果、虫歯や歯周病など何かしらの病気が判明すればそれを治すための治療費には保険が適用されますが、口臭そのものは病気として見なされないので検査そのものには保険が効きません。


病院によって治療費はまちまちですが、だいたい初診料が3~4万円前後。再診については治療の成果がでているか再度、口臭測定器による検査するので、それに1~1.5万円くらいかかります。


治療期間については本人が納得するまでということになるので個人差があります。


治療にかかる日数(=通院回数)、交通費(宿泊費)、ブレスケア用品などもあわせると軽くうん十万円はかかる計算になります。とても気軽に寄れるところではありませんよね。


あくまで、原因の特定のみに口臭外来を利用するのが一番かな?と思います。原因が分かれば後は最寄りの歯科や耳鼻咽喉科、自己管理でどうにかなるからです。