トップページ >  口臭対策グッズをお試し! >  なたまめ歯磨き粉

なたまめ歯磨き粉って効果ある?

なたまめ歯磨き粉は新聞広告でよくみかけますよね。


「なた豆エキス」が配合されており、口臭予防や口の中のネバツキが解消できるという触れ込みで口臭や歯茎の健康が気になる人向けにPRされているので広告を見たことがある人も多いと思います。


もともと、なた豆は昔から「膿取り豆」として言い伝えられてきたもので、膿を排出する効果があることから歯槽膿漏や蓄膿症などの民間療法に活用されてきたという歴史があるそうです。


実際に科学的に調査したところ「なた豆エキス」には抗炎症作用のあるカナバニンや免疫力を高めるコンカナバリンAという成分が含有されていることがわかっています。そのため歯茎の腫れや出血などの炎症が比較的早期に改善される効果が期待できるんだとか。


なたまめ歯磨き粉を使ったことで、「歯茎の膿やブヨブヨした腫れが落ち着いた」という人がいるのもそういう効果があってのことなんですよね。その結果として口臭が緩和されたり、口のネバつきが解消されるので口の中がさっぱりするという効果も得られるようです。


ということでさっそくなたまめ歯磨き粉を使って歯を磨いてみました。


はっきりいって半信半疑だったんですが、使ってみたところ驚くほど口の中がさっぱりしてちょっと驚きました。市販の歯磨き粉でもさっぱりするものはありますが、今まで経験したことのない独特のスッキリ感があり、それがかなり長時間持続する感じです。


私の場合、歯茎が健康というか今のところトラブルがないので、「歯茎からの出血がなくなる」とか「口の中の粘つきが減った」という効果については実感しようがなかったので、詳しくお伝えすることはできませんが、いろいろと口コミをみてみると歯周病の人には評判がいいみたいです。


歯科クリニックのなかでも歯周病の予防や改善に歯垢や歯石を除去したあと、なた豆のエキスで口内を洗浄するところがあるようです。自然の植物のエキスなので作用はおだやかですが副作用の心配がなく安心して使えるメリットがあるんだとか。


口臭予防のための口腔ケアは歯科でのメンテナンスも重要ですが、自宅での毎日の歯磨きも大切になことなので自宅での歯磨きの際に、なたまめ歯磨き粉を使うというのは悪くないと思います。


ただ、あくまでなたまめの効果というのは、歯周病が原因の病的口臭のみに効果がある感じなので、その他の理由で口臭が発生している場合は口臭抑制の効果はないと思ったほうがいいと思います。


なたまめは歯磨き粉だけでなく、お茶もあるようです。お茶は排膿作用を期待してかアレルギー性鼻炎の方や蓄膿症の人に人気があるみたいです。歯磨き粉に加えてお茶も飲むとより歯茎の健康にはいいかもしれませんね。