トップページ >  口臭の原因 >  歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏)がドブのような口臭の最大の原因

歯磨きしても消えない口臭の原因NO.1は歯周病によるものです。


唾液の分泌量の低下や虫歯による口臭も多いのですが、それを上回るのが歯周病による口臭であり、30代以上で口臭が気になる人は歯周病を疑ったほうがいいといわれています。


歯周病とは読んで字のごとしで歯の周囲の組織の病気のことで、歯肉炎と歯周炎の2つを総称して、歯周病と呼ばれています。


● 歯肉炎・・・歯茎に起こる炎症
● 歯周炎・・・歯槽骨まで炎症が広がってしまったもの
● 歯槽膿漏・・・歯周病の最終段階


歯周病が起こってしまう大きな原因としてはプラークにあるとされています。歯と歯茎の間に出来てしまう歯周ポケットと呼ばれる隙間にプラークが蓄積することによって、口内の細菌が繁殖してしまい炎症が起きるとともに、口臭が発生するようになってしまいます。


こうした歯周病を放置しておくことによって炎症はどんどん強まってしまいます。その結果、歯周組織の破壊が進行し、やがては歯茎から膿が出るようになります(歯槽膿漏)。膿が出るようになると、口臭はさらに酷くなり、ドブのようなニオイがしてきます。


歯槽膿漏が臭いのは、歯茎だけでなく、歯茎を支えている骨と歯の組織までが歯周病菌によって破壊されて、土台部分が溶けて無くなったところに細菌が大量に溜まってしまっているからです。


日本人成人の8割は歯周病かその予備軍だといわれています。中高年のおじさんやおばさんの口臭がキツいのは加齢による唾液の減少というものもありますが、やはり一番の原因はこの歯周病や歯周病が悪化した歯槽膿漏を発症しているからです。


最悪の口臭をもたらす歯周病および歯槽膿漏ですが、元をたどると歯周ポケットと呼ばれる隙間にプラークが蓄積することが原因ですから、これさえ取り除けば問題は解決できまず。


ただ、歯周ポケットにあるプラークは通常の歯磨きでは除去することは出来ません。歯周ポケットのプラークを除去するには歯科に通って、専用の器具を使って除去していく必要があります。


いわゆる予防のために定期的に通院する必要があるわけですが、日本では歯周病の治療のために通院はしても予防のために通院するという習慣がないため、先進国でも屈指の歯周病大国になってしまっているんです。


歯周病になってしまいますと、口腔環境そのものが悪くなってしまい口臭もキツくなります。下がった歯茎は元に戻りませんし、抜けてしまった歯も戻ってきません。歯周病や歯槽膿漏になってから治療のために歯医者にいっていたのでは遅いです。


2~3か月おきに歯医者さんで歯垢(プラーク)を除去してもらうことが口臭予防にも歯の本数を維持するためにも大切なことです。