トップページ >  口臭を解決する【3-Step】 >  心因性の口臭(自臭症)対策

心因性(思い込み)の口臭=自臭症とは?

清潔好きな日本人に増えているのが自臭症です。


自臭症というのは自分の口臭を過剰に気にしてしまっている思い込みのことです。他人に口臭を指摘されてしまったことがきっかけになって発症することが多く、自分の口臭が気になって仕方ない状態になってしまう心因性の疾患です。


自臭症になると、実際には口臭ケアを行って口臭が改善されているにも関わらず、「口臭があるのではないか?」「他人に迷惑をかけているのではないか?」という強迫観念に囚われてしまい、他人と会ったり話すことに恐怖やストレスを感じてしまいます。


ひどいものになると、他人との接触を拒絶するようになり、社会生活を営むことが困難になります。引きこもりになるのも珍しくなく、抑鬱状態になって「死にたい」という気持ちもでてくるので非常にやっかいな心の病といえます。


自臭症を克服するには、「自分の口臭がキツい!」という強迫観念とその強迫観念からくる強迫的行為を緩和・軽減させる必要があります。


軽度の自臭症の場合は、口臭外来などで口臭チェッカーなど客観的に数値で口臭を測定できる機械を使って自分の口臭を客観的に把握することで、思い込みを解消できることがあります。


ただ、機械による数値をみせても、何をしても納得しない重度の自臭症の方も当然いて、そういう場合は精神科や心療内科に行き、カウンセリングや薬物療法で治療せざるを得なくなることもあります。


心因性の口臭についてもうひとつ付け加えると口臭や体臭など体から発せられるニオイというのはそれを気にすれば気にするほど強くなるという特徴があります。


これは気に病むほど、ストレスで自律神経が乱れてしまうからです。自律神経が乱れると唾液の分泌量が低下するので口臭が発生しやすくなるということがいえるんです。


いずれにせよ心因性(思い込み)からくる口臭というのは本人が苦しむことはもちろんのこと、周囲(特に家族)も巻き込んでしまうものです。また、こうした思い込みを取り去るのは本人一人の力では無理なので周囲のサポートも必要です。


口臭を気にして歯科ばかり行って歯医者さんを困らせている人に対して、「お前がいくべきところは精神科(心療内科)だよ。」「自臭臭という心の病だよ。」と行ってあげることが大事だということです。


現在では、自臭臭という心因性の病があることがきちんと認識されており、有効な治療手段も確立されているのできちんと通院して治療を受ければ個人差はありますが、半年を目安に改善できるようです。


本人はもちろん周囲の人に以下のような症状がでていたら早めに治療に取り掛かるようにしてください。進行して社会生活が困難になる前に手を打つのが鉄則です。


● 口臭のことが頭にはりついて離れない
● 相手のしぐさや行動が自分の臭いを避けていると感じる
● 気が付くと歯を磨いていたり、ブレスケアを過剰に行っている
● 他人と会ったり、話したりすることに恐怖を感じる


こうした症状がすでにあらわれていたら自臭症の可能性大です。注意しましょう。