トップページ >  口臭の原因 >  虫歯・歯垢・歯並びの悪さ

歯垢・虫歯がある不衛生な口腔環境は口臭の温床

口腔環境が不衛生ということも口臭が起こる原因の1つになります。


歯を磨かないとか磨き残しがあるという場合、歯の間に詰まった食べカスがいつまでも残っている状態になるので、食べかす自体の腐敗臭もありますが、時間の経過とともに口腔内の酸性度が高まり、歯間に細菌が発生して口臭のもととなる代謝産物を放出するようになります。


多くの人は「歯の間の臭い」を感じると思いますが、これは不衛生な口腔環境で細菌(嫌気性細菌)が活性化したことによる代謝産物の臭いです。これを防ぐにはとにかく口腔環境を清潔に保つことが大事です。


不衛生な口腔環境が続くと


● 歯垢(歯石)
● 虫歯
● 歯周病など歯茎の病気


といった問題がでてきます。


不衛生な口腔環境では細菌が大量発生し、活性化します。細菌が塊になったものがいわゆる歯垢(プラーク)であり、歯垢が硬くなったものが歯石です。歯垢(プラーク)は食べカスのことだと思われていますが、実際は細菌の塊なんですね。


歯垢(歯石)は口臭のもととなる代謝産物を生成する細菌の塊なので、それだけでも口臭の原因になりますし、さらに虫歯や歯周病などのより強烈な口臭の温床になる症状を生み出す原因にもなります。


例えば虫歯は、虫歯菌というこれまた口腔内の菌によって歯に穴が開いてしまった状態のことですが、虫歯によってできた穴には食べカスが詰まりやすいですし、歯垢が溜まりやすくなるので口臭の原因になります。


さらに、虫歯の症状が進行していくことで歯髄と呼ばれる歯の神経組織がダメージを受けることになってしまいます。その結果として、腐敗臭が発生しますからよけいに口臭がキツくなってしまいます。だから口臭予防においても歯垢除去や虫歯治療というのは非常に大切なんです。


不衛生な口腔環境を改善し、歯垢をためないようにするには毎日の歯磨きが最重要になるわけですが、歯並びが悪い人は大変です。歯並びが悪いと、どうしても磨き残しがでてきてしまいますし、食べかすが詰まりやすく、歯垢が溜まりやすいポイントがでてくるからです。


歯並びが悪いと見た目にも不潔な印象ですが、実際に不潔なんですね。


そのため歯並びが悪いという自覚がある人は、普通に歯みがきをするだけではなく、糸ようじや歯間ブラシなどを使って、歯の隙間の特に念入りに磨き残しがないようにしっかりケアしていく必要があります。


定期的に歯医者にいって衛生士さんに歯を磨いてもらうようにするのがベストです。