トップページ >  口臭の原因 >  舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい)による口臭はレアケース?

舌苔(ぜったい)というのは舌の表面にある苔のようなものです。


「べぇー」と舌をだして鏡で見た時に白色や褐色、黄褐色をしたものがあればそれが舌苔です。この舌苔の正体というのは、口の中の細菌や新陳代謝によりはがれた上皮細胞などが舌の表面に付着したものです。


この舌苔が過剰に付着している状態(舌が真っ白とか真っ黄色)だと口臭がキツくなるわけですが、舌苔が増えてしまう原因というのが、以下のようなときです。


● 不規則な生活をしているとき
● 疲れているとき
● 食べ過ぎや飲み過ぎで胃腸に負担がかかっているとき
● 体調が悪いとき
● 寝起きなど唾液量が少なく、口が乾いているとき


生活習慣が乱れていたり、体調を崩しているときに舌苔は増える傾向にあります。体からのSOSとも捉えることができますが、普通に生活していればそこまで舌苔が異常に付着するということはないので、口臭の原因になることは滅多にないものです。


にもかかわらず、「舌苔=口臭の原因」という知識だけが一人歩きしている状態で、毎日歯磨きする際に舌の掃除も欠かさず行って、最低限必要な舌苔まで除去してしまっている人が増えているのが現状です。


舌苔は決して悪者ではなく、口腔内の環境を正常に保つために意味があって存在しているものなので、それを口臭の原因だからと無条件に取り除いてしまうことは、口腔内の環境を乱してしまうことになってしまいます。


必要以上に舌苔を取り除いてしまうことによる弊害としては、


● 舌の炎症や麻痺
● 味覚障害


といったことがあります。舌は粘膜で覆われているように非常にデリケートな組織です。ゴシゴシと強く擦って刺激を与えてしまうことは、炎症や麻痺を招きますし、味蕾を破壊してしまうこともあり、味覚障害になることもあるのでかなりの注意が必要になります。


毎日はもちろん定期的にも取り除く必要がないのが舌苔です。明らかに異常な量が付着していて、ニオイもするというとき以外は放置しておいても何ら問題にならないと思います。


ただ、どうしても舌苔の掃除をしたいという場合は、舌苔専用の舌クリーナー(舌ブラシ)を使って、舌苔を取ります。舌の奥から前へかき出すように動かして、決して力を入れすぎないように、そして何度もこすりすぎないように注意しましょう。


歯ブラシを使ったり、強く擦るようなことをすると、舌の表面を傷める危険がありますし、味蕾を潰してしまって味覚障害になる恐れがあるので注意が必要です。


まぁ一番大事なことは、舌苔が付きにくくなるような生活を心がけるということです。